ベガルタ仙台レディースがせめてもの救いか

サッカー女子のプレナスなでしこリーグが開幕しました。

ベガルタ仙台レディースはホームで千葉と対戦し、1-0で見事に白星発進しました。

今季中に帰ってくる予定ではいますが、鮫島選手もいなくなったし、ほかにもだいぶ選手が変わったようです。

それでもしっかりと勝てたことはチームの成熟度が上がってきているのかもしれません。

さて、男子のベガルタ仙台はちょっとまずいことになっています。

勝てる気配がありません。

あまり選手も変わっていなくて年齢が上がっただけ、さらに監督交代でまだチームとしても戦い方に迷いがあるようにも見えます。

このままずるずると行かないことだけを願っています。

ベガルタ仙台レディースがカラーで大きく扱われていますね。

期待の大きさなのか、それともせめてもの救いという意図なのか。

いずれにしてもスポーツは結果を出すことで救われることが多いです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP